氷川学園 スタッフブログ

余寒お見舞い申し上げます。

2018-01-12 13.17.11 ご無沙汰しました。こんなに雪を見る機会が多い年もめずらしく・・・寒さも厳しいですが、心の中はあったかくしていたいものですね。

時は流れて、平成30年2月になりました。あっという間ですね。

「四季便りあゆみ」にて記載の通り、法人清流会・氷川学園の創設者である「西坂哲」が、昨年12月15日に永眠いたしました。その節には、多くの皆様方からのご弔問・お心遣い頂きましたこと、心よりお礼申し上げます。故人もきっと、にこにこ、しながら、喜んでいることと思います。ありがとうございました。

2018-01-19 09.53.20そして、その後を追うかのように・・・

開園以来、入所ご利用をいただいていた「尾嶋八重子様」が1月26日に亡くなられました。88歳、という、学園一の長老でした。西坂の葬儀の際には元気でお参りされていたのですが、その後体調不良が続き、年明けすぐに入院治療となりました。ご高齢ゆえの近親者の行き来は殆どない方でしたので、最期の見取りも、通夜・葬儀・火葬まで職員と36年一緒に過ごした仲間と大勢で送ることが出来ました。そして、ご本人の実兄のお孫様に当たられる方がご参列下さり、ご家族と一緒のお墓で眠ることが出来ました。何よりでした。

氷川学園にとって、父と母を一度に亡くしたような寂しさを抱えています。けれど、先に逝った初代の理事長・施設長、創始者たちの「私たちは家族として・・・」の信条を、全職員で実践できたと自負しています。実践してくれた職員全員に心からの感謝をしています。

ただただ、残念なのは、この二人が新しい園舎の完成を待たずに逝ったこと、尾嶋様に一番に足を踏み入れてもらいたい…もらうと、心に決めていたことが出来ない、西坂に一目見せてあげれなかった…ことです。

 

2018-02-07 13.02.11けれど、きっと・・・

 

2018-02-07 13.03.33青空の上から、二人とも、にこにこ笑顔で見てくれていることと信じます。

この厳しい寒さを乗り越えたら、春の訪れとともに、新しい園舎が出来上がります。

どうぞ、みなさん、遊びにいらしてください。

役職名:施設長 呼称:千賀ちゃん! 西坂千賀子でした。

追記:二枚目の写真は、昨年10月のお誕生会ハロウィンで。とんがり帽子を被らされた尾嶋さんと変顔の哲さんでした。この時は二人ともとても元気で・・・今でも信じられません…ね。