氷川学園 スタッフブログ

新しい

2018-04-14 23.28.00新しい生活の場でユニット毎の食事。

利用者さんもスタッフも調理の方々も。みーんなが初めての体験。

みーんなが新しい。

スタッフも新任さんが、氷川に四人、法人全体では6人の新しい仲間が加わりました。

今年は一人の退職者もなく有り難いことです。

今まで食堂に座ったとたん、一時も待てずにいた人がまったりと眺めています。穏やかな表情です。嬉しいです。ホッとします。

2018-04-14 11.19.18食後、手始めに、自分たちの湯飲みやお箸から洗っていきましょう!って、ユニット毎のチャレンジもボチボチ、ゆっくり、そのお家毎のペースでやっていけば良いですね。

 

これは、先日、4月13日(金)のこと。

この日は、先日亡くなった尾嶋八重子さんのお誕生日、元気なら89歳になるはずでした。

Kさんが覚えていてくれて、「尾嶋さんにも食べさせてあげて」と写真に向かって話してくれました。この人たちは温かいですね。

隣でTさんが言いました。「おと(ぅ)さんがおらんでさびしかな。おか(ぁ)さんは明日こらすか?もうこらるっど?」と。お父さんは亡くなった初代のこと、お母さんはその妻の光子さんのこと。ご自身も車イス、光子さんも車イス、仮設にはなかなか来れなかった光子さんも園舎が新しくなったから来れるだろうということらしい。やっぱり、この人たちは温かい。

何のてらいもなく人をおもんばかることの出来る、こちらの心がポッと温かくなる。

この夜、新任職員さんたちの歓迎会。

新しい仲間が、この温かさを受け取れる人に育ってほしい、切に願います。そういう人に育むことの出来る土壌がこの清流会にあることを、諸先輩全職員に期待してやまないものです。

この日の夜は、そんな歓迎会になった?のかな?

BONES(*^^*)でした。