氷川学園 スタッフブログ

家族

本日、氷川学園(障害者支援施設・施設入所支援・生活介護)家族会総会・面会日が開催され、本当に久しぶりに利用者様77名と36家族とスタッフ?名が勢揃いで、賑やかな時間を過ごしました。

携帯を自宅に置き忘れて一日過ごしたので、残念ながら楽しい写真がアップ出来ません、すみません(-_-;)

通所ご利用のM・Iさんのお母さん「もう私も高齢になりましたので、今日は弟を連れて来ました。」と。横にはにこにこ笑顔の弟さんが立っておられました。お昼、お弁当を囲まれる3人の笑顔がとても和やかで、日頃のご家庭での様子が伺えて嬉しかったです。Mさんの亡くなったお父さんのことも想い出され、亡くなるずーっと前に「Cちゃん(私のことです)、Mのことは頼むばい。一生お願いしとくけんな。」って。快活なお父さんの顔が浮かびます。「お父さん、私も生きてる限りはMちゃんのこと一緒に過ごしていくつもりだけど、心配せんでも立派な息子さんがしっかりお母さんとMちゃんに付いていてくれますよ。」って、あらためてお空に向かって話しました。

入所のみんなは、それぞれの新しい家でご家族と一緒にご飯を食べました。自分の部屋を案内したり、一緒に過ごしているみんなの顔が少し自慢げに見えるのは私だけでしょうか?(^^)

「私が住みたい」と言って下さる親御さんも多くて嬉しい限りです。

2週間経って、箱の力は確実に大きいものを感じています。実際みんなの様子にも表れています。

でも、でも、です。箱に見合う人の智慧で生み出される支援がなければ宝の持ち腐れになります。猫に小判、豚に真珠?・・・これからです。本当に「ご家族」に安心していただける、ご本人たちに満足していただける時間を提供できるか、頑張り甲斐・遣り甲斐にしていけるかです。

明日から、世間はGW,早速帰省された人もいますが・・・現場スタッフは大型どころか、いつもと変わらず24時間体制のシフトで2日連休あれば良いところ・・・申し訳ないです。

このブログをいつも見てくれている遠くに暮らす仲間がいます。その仲間から「頑張ってくれているスタッフねぎらってあげてね~♡」ってメールが届きました。新居の様子から氷川の愛が感じられる、スタッフの心遣いが表れているということなんだと思います。

あんまり厳しいことばかり言わずに愛をもって労いの言葉も届けなければいけないよねぇ~、って自省している、本心ではみんなに感謝しているBONES(*^_^*)でした。

GWたっぷりある皆様もそうではない皆様も、どうか楽しい時間をお過ごしください。