氷川学園 スタッフブログ

5月28日、想うこと・・・

「優性」って?  優って?・・・。

 

太宰治が知人に宛てた手紙の一節・・・

「私は 優 という字を考えます。

これは 優れるといふ字で、優良可なんていふし 優勝なんていふけど、

でも もう一つ讀み方があるでせう?

優しい とも讀みます。

さおして この字をよく見ると、人偏に 憂ふ と書いてゐます。

人を憂へる。

ひとの寂しさ侘しさ、つらさに敏感な事、

これが優しさであり、

また人間として一番優れてゐることじゃないかしら。」

 

わがこと まるごと ・・・立派なメッセージです。

メッセージの具現化がなされる、真にそんな社会を、社会の成熟を待ち侘びます。

mee(-.-)でした。