氷川学園 スタッフブログ

春3月3日に

2020-03-03 17.04.033月3日 mee(*^_^*)のお部屋のお雛様・・・

おこがましいことに、昨年某中学校で「いのちの授業」というものをさせていただきました。私の話がどうこうというより、中学生から届いた感想文に言葉に表せない感銘を受けました。そして、一人の生徒さんが作ってくれたこのお雛様が感想文と一緒に送られてきました。

氷川のみんなの雛段飾りも立派ですが、このお内裏様とお雛様は、何だか等身大の気がして親近感を覚えます。あらためて、呼んで下さり、拙い話に何倍ものお返しをいただいたことに感謝を伝えたいと思っています。ありがとう!!

2020-03-03 17.04.203月3日 今日の玄関の一輪・・・桃の花ではないけれど、これはこれで、凛とした姿に、出勤したと同時に笑みがこぼれます。欠かすことなく、枯れることなく、活けて下さることに、いつもありがとう。

2020-03-03 17.04.543月3日・・・我が家のチューリップ、昨年庭に咲いたチューリップの球根を掘り起こし、網に入れ、風通しの良いところで保管し(こんなことをする人間だとは自分でも信じられない(笑)、昨年末に植えた中の一つ。たーくさんあるんですが、一番に花咲きそうな一輪です。

3月3日、ひな祭りで、昼食はもちろん「ちらし寿司」と「甘酒プリン」(初めて食べた!)などなど・・・美味しかったけど、写真なし。。

季節は間違いなく「春」になろうとしているけれど、毎年の「春3月」の恒例行事はすべて取り止め・・・致し方ないこととは解っているけれど。正しく怖がることと、良く言われますが、一番怖いのは、この新型ウイルスの一番強い特性が「人と人との繋がりを断つこと」になりはしないか、ということ。人の叡智が試されていますね。

昨日、訳あって「国会中継」を結構な時間観ていられたのですが・・・何だか悲しくなってきたmee(T_T)でした。

が!!今日もまた元気をもらえるのは、利用者さんたちとのわずかだけれどもの、共有できる時間。実は今日ある利用者さんへの支援でちょっとした失敗をやらかしたmeeです。現場にも迷惑をかけたのですが、何だかこの失敗も、ちょっと楽しいmeeです。だって、こんなことが、支援者の毎日の仕事の一つ・・・利用者さんに試されていること・・・失敗しても頑張り甲斐に繋がるものです。利用者さんとのやり取り、会話、コミュニケーションが今日は上手くいかなくとも、次はどんな作戦で行こうかと、少しわくわくさえする。私たちのやり取りは「国会」で終日行われている「会話?議論?討論?」よりは、いくらか建設的で、互いへのリスペクトもあるような気がします。気のせいかもしれません。

と、スタッフの一人が「ハンドベルを借りたい。」と。子どもの発表会が無くなったから、我が家で発表会をしてあげようと思ってとのこと。良い家族だ。良い職員だ。きっと、こんな職員のいる清流会は良い法人だろう・・・ってね!!(^^;)

春はそこまで・・・。きっと来る!!