氷川学園 スタッフブログ

いきものがかり

2020-06-30 14.41.50 管理棟玄関に・・・?

「めだか」だそうです。入所さくらユニットのみんなの希望で何かを飼いたいと・・・

以前から、話はあがっていたものの・・・同じく入所すずらんユニットで飼っている「えび」さんのお裾分けを試みたら、さくらのみなさん(ご高齢が多い(笑))には「えび」が小さくて色が薄くて、なかなか目に留まらない?らしい。

「めだか」も?meeの感覚だと変わらなさそうだが・・・。ま、いいでしょう。やってみること!が大事だから。ちなみに、金魚は?とスタッフがお店似て飼育方法を聞いて(スタッフが)ちょっと大変だと(苦笑)いうので・・・dadaさん宅で大量繁殖していためだかがやってきた!という顛末でした。

みんなが飼いたい、眺めたい、んだけど、現実やっぱりスタッフがどれだけ「いきものがかり」としての役を果たせるかにかかっている。

meeも、物心ついた時から大人になるまで・・・ずっと犬のいない生活は考えられなかったけれど、この10数年、飼えなくなって、今は母と二人の老々介護状態(笑)・・・「いきものがかり」を責任もって果たすには、それなりのエネルギーを要することを痛感しています。(あ、金魚が4匹・・・これですらしんどい(^^;))

でも、生き物の世話をする、他の命を守るために役割を負うということは、その実自身の生き甲斐になっていることは良く有ることですね。

コロナ禍のもと、何かと制限付きの生活が続きますが、日常の中にささやかなそれでいて尊いことに、幸せを見いだせる、「丁寧に暮らす」ことを心掛けたいなと思う日々です。

今日で6月は終わりですが、まだまだ梅雨真っ只中・・・雨の被害も心配されますが、充分な対策を取りながらも、穏やかな時間を愛おしんで過ごしましょう!!

植えましたよ~

2020-06-11 16.56.25昨日の夕刻・・・植え終わりましたよ~!!から芋!!

猪というより、昨年先越されたのは、鹿さんファミリーでしたから・・・対策も・・・結構なジャンプ力だからなぁ~・・・幾ばくかの不安は残りますが(笑)

向かって左一列は「綿」です。さをり織りメンバーの恒例作業・・・ちゃっかり間借りしました!!

猛暑の中に、ご苦労様でした(>_<)ありがとう(人”▽`)☆

2020-06-11 17.04.25頭巾?ほっかぶり?怪しい?黒尽くしのIさん、事務職で入職して早や一年と半年・・・芋植え初体験!自ら手を挙げて取り組んでいただきました。みんなで、身体使ってひとつ事やる作業って、何だかんだで楽しいですよね。やらなきゃいけないという義務感だと辛いけど、やれなくなるとやれることの有難さは身に染みるものです・・・。本が読みたいのに老眼で疲れて読めないという辛さ・・・?に似てる???(^^;)違う?(-_-)

そして、本日、芋植え隊長の狙い通りの雨が降り続き・・・九州北部も梅雨入りというグッドタイミング!これでしっかりと根付いてくれると・・・思います。計画通りに進むことの気持ち良さよ!!

老後の夢は晴耕雨読の暮らし・・・耕は食物ではなく草花で・・・と思うmee(*^_^*)です!!

こんな時?…でも?…だから…

2020-06-09 14.33.12コロナ禍・35℃のさなかに・・・唐芋の苗切り!

今朝早くから大津町の農家さんに出掛けたコンビAチームと、ここ数日かけて園周辺と風楽裏の農作地の草刈りコンビBチーム・・・

いよいよ、恒例の芋植えの準備が整いつつあります。にしても、この暑さ・・・いやはや、有り・難い!!

コロナに負けず、暑さに負けず、自粛生活に負けず、こんな時だからこそ、いつもと変りなくやれることは粛々と・・・と。

ただ、今年は毎年の小学校との交流での芋ほりを行うことは、おそらく難しいかと。芋ほりに限らず、地域の保育所や学校、地域の色んな人たちとの行き来・交流の機会、園での企画イベント・・・開催は困難でしょう。

もし、始められる時期が来ても、様々なものを従来のやり方通りでとはいかないことは明らかです。

さぁ、支援者の智慧の見せどころです!!フレキシブルでポジティブな思考が求められています!!

人類の歴史・地球上のすべての生き物の歴史の中で、生き残ってきたものは、必ずしも大きな体や力の強さ、ではなく、いかにその時々の自然や集合体、社会の在り様、変容、に臨機応変、即してこれたかどうか、だと言われてます。その証拠に、人間よりはるかに大きな体と力を持ったマンモスや恐竜たち・・・みんな絶滅したけれど、地球が誕生してから今日に至るまで、実に多様な形で世界中の隅々の至る場所で根を張って生き延びてきた「人間」の体の大きさ・力は他の生き物に比べても結構貧弱ですよね。素手で1対1で戦ったら、殆ど間違いなく命を落としますものね。(^^;)(笑)

要は如何に変われるか!!順応できるか!!そして小さな頭の中の・心の中の智慧と理性と感性を如何に働かせることが出来るかです。

不易流行です。変わることと、変えないこと・・・唐芋を植えることは、今年は変えないことの一つ・・・

ただ、地域交流や販売活動のためでなく、氷川の利用者の皆さんや風楽ご利用の子どもたちが楽しめるだけの量に絞り、その手間は出来るだけスタッフで・・・スタッフの仕事は一向に減りません。

そして、今更・・・気付かないふりをしてきたけれど、気付いていたのは、芋の苗を農家さんのハウスで刈る作業・植えるために根をカットして揃える作業・植えるための畑を整地する作業・周辺の草刈りをする作業・猪や鹿などの動物に先を越されないための手立てをする作業・草で覆い茂らないよう黒いビニールシートを張る作業・伸びてきた弦を手で返してあげる作業・収穫の時に子供たちが掘りやすいよう予め鍬を入れておいてあげる作業・子どもたちの堀り残しを掘り上げてしまう作業・お芋のてんぷらを美味しく揚げる作業・・・・・・そんなことを出来る支援者を育てることが、ある時期から止まってること・・・。

いま、ベテランスタッフは、利用者さんへの支援スキルや障がい特性の理解・個々の背景を知ることも伝えなければいけませんが、お芋一つ育てることに必要なスキルと多くの手間暇を惜しまないということも、あらためて教えていくことが必要・・・こんな時、でも、だからこそ・・・。

「その昔・・・地域のイベントごと・氷川のお祭り・移動販売・・・イモ天3枚百円は大人気で、行列のできる店で有名だったのよ~!!」って、昔話で語り継がれるのが良しか?開園以来途切れぬことねって言われるのが良しか?どんな変容を遂げるのでしょうね。

大津町に出掛けることも、苗切りをすることも・・・優しく断られて、せめてブログで参加したいmee(*^。^*)でした。秋の収穫を楽しみに・・・。

 

なんと!も、めでたい!

2020-06-01 15.54.12本日の氷川ファミリー!!いや、目出度い!愛でたい!

喜寿祝い、おひとり!

還暦祝い、5人組!

併せて6人!と、本当は、赤星みよ子さんがいて、七福神だ!

めでたい!

赤い生地に「還暦」の文字マスク!利用者さんのご家族から手作りマスクをと沢山いただいた生地の中からみつけたものを、スタッフが上手に作ってくれました。代々譲り受けないとですね!!

利用者さんたちの喜寿や還暦はもちろんおめでたいことですが、スタッフで3人も還暦を一緒に祝えるのは、人生百年働き方改革が如何に叫ばれようが、この体力・気力を資本とした支援現場では、本当に有り難いことです。

本当はまだ還暦まであと9か月・・・言い訳mee(^^;)・・・久しぶりに愉しい話題に幸せです。みなさん、ありがとう!!

追伸…祝いの膳

2020-06-01 17.34.05 めでたくて、横たわっちゃいました(-_-;)ご容赦を・・・

どうやって…こうやって…アマビエ様!

2020-05-08 13.56.40    通所部玄関?に現れた「アマビエ様」・・・これで、氷川の通所部には疫病は入れません。きっと・・・。

何とまぁ!かわいいこと!!通所部メンバーの創作によります、さをり織の端切れを利用して・・・。どうやって過ごすか?こうやって・・・出来ました!氷川発のアマビエ様です。

こんなにかわいいアマビエ様を見て、人に悪さをしようという気持ちは湧かない!!と信じます。

このアマビエ様に負けないくらい良い笑顔で過ごしている通所部の仲間たち・・・お家自粛から久しぶりに登園してきた仲間にも会えて、良い一日でした。

週末・・・皆様良い時間となりますように・・・mee(*^_^*)でした。

観てみてぇ~

 

2020-05-07 13.30.39

五月七日・・・連休?明け初日・・・通所部のみんなが元気に登園してくれて、ひとまず一安心??

国の緊急事態宣言は今月末まで引き延ばされましたが、各県ごとの自粛要請には異なりが出てきました。勿論、各都道府県での感染者の確認数の違いは大きく、それぞれの地域の状況に合わせて各首長さんたちが判断されていくところなんでしょう・・・が、心配なのは別に県境に壁があるわけではなく(現に瞬く間に世界中ほぼ全ての大陸に感染は広がったのですから)、これまでも、これからも、県をまたいで地域をまたいで移動することは可能なわけで、例えば九州管内で熊本だけが一足先にってなると他県からの人の流れは当然のごとく増えてくるのはリスクとして考えた上で、増加したときの対応を具体的に整えたうえで、ということは必須なことでしょう・・・人の移動が感染を広める一番の要因であることは明白なので、一個人としては、一事業所としては、まだまだ当分は、各人、私たち一人一人が正しい判断をできること、自分が感染源であるかもしれないという意識をもって、自分も周りの人の命も、そしてこの国・地球・人類の未来をより良く変える方向に言動を持ち続けることの努力が必要ですね。

上記のメッセージカード「一つの答えを 唯一の答えだと 言いきらない豊かさ」・・・素敵な言葉です。

言葉の力って侮れません・・・ってことを、今回のコロナ対策・この事態に関する、様々な人々が発している言葉の数々も証明しています・・・その言葉が人を支え・温め・勇気づける、まさにどん底から救い出してくれることもあれば、その一言で、立ち直れない、生涯心に傷を残すことも、人と人との信頼を深めもすれば、断ち切ることも・・・。人は辛いと、それを誰かの何かのせいにしたくなります。そして誰かに正解を求めたくなるし、その答えが自分に同調してくれるものを求めがちで、意に反するものを排除したり、攻撃したくもなります・・・。

この言葉を届けてくれたのは、先日、氷川のみんなが贈り物をした、フラメンコダンサーの鈴木眞澄さん!

「ますみチャンネル」YouTube・・・是非!覗いてみてください!!(押し付ける悪癖mee(^^;))5月4日にアップされた分ですが・・・眞澄さんの人柄が滲み出ています。観てみてぇ~・・・mee(*^_^*)でした。

到着!コラボ情報

前回載せていた、椿模様の宝箱?

届きましたよー!って、今日連絡ありました…ブログいつも見てくださってる方にはお分かりかと…フラメンコの鈴木眞澄さんとお仲間の皆さんへのみんなからの贈り物でした。

それぞれに書いたり貼ったり折ったり歌ったりお喋りしたり…山ほど容れた物のなかに、最近全国区になった妖怪アマビエ様(疫病が流行ったら私の姿を見せよと不知火海に現れたという)の絵を、お守りにと。

そしたら、眞澄さんからのお返し情報!福島の郷土玩具で有名なあかべこ(牛のお人形、これも厄除けの意味があるとか)とアマビエのコラボ商品が出されているとのこと。

こんなことから、遠く離れた福島と熊本が繋がり合えるんですねぇ…楽しいですね!ほのぼのする話題です。

明日で大型連休も終わり…通所部のみんなが元気で登園してくれるのを待つのmee(*^^*)です。

 

どうやって?

2020-05-02 12.19.00 これ、カメラ撮るまで、というか、meeがユニットに行く前は、各々のお部屋やテーブルにも一人ずつ、で、みんな何やら頑張って製作に勤しんでましたが、meeのハスキーボイスとカメラ持参に、みんなつられて集まっちゃいました…m(_ _)m こんな悲しい言い訳しなくていい日が待ち遠しい… 先日、尊敬するSの里さんの仲良し?かな?(笑)理事長さんが「こんな状況だから、利用者さんの生活、活動色々工夫されてることあるでしょ、どうやってるか、教えてください。」と。とんでもない、こちらが教わりたい…と、話したのですが、どこの施設、事業所も、様々な工夫をして取り組まれてると思います。こんな時に、日頃から取り組んでる、一人でできること、室内で出来ること、そして、身体を動かすこと、機能低下しないような取り組みが、非常時に活かされると思います。 こんな製作、創作、造作活動、そして、ベランダ菜園、採れたものでおやつやランチ作り…。園内のお散歩する姿も、一日通して、ひとりふたりずつに、meeの二階の部屋までみんなのお喋りが聞こえてきて、愉しいです。時々「○○子さ~ん!」って呼んでくれます。お返事して顔を出すと、見つけようとしてくれますが、二階を見上げるって、結構難しいんだなって、事も解ります。 そして、入所施設が、田舎の山の中にあることは、こんな状況下では、周辺を歩くに充分な広さを確保できる、自然の恵みを満喫出来ることにも、利点の多さが解ります。人里離れた施設、と、批難されることも有りましたが、この非常事態にあって地域の人々からの温かさを届けてもらえることに、ここで暮らしてきて良かったと思います。

 

 

2020-05-02 12.19.41昨日「新茶の試飲してくださーい!」って、届けてくれました。園の入り口の道沿いに初代園長と利用者さんが一緒に植えたお茶の木…茶摘みをしました。ソーシャルディスタンスを守るのはなかなか難しい中で、お茶の木一本ずつの距離は分かりやすくて良いですね。うまく葉を摘めない人は木と木の間の草取り…。通所のエンジョイ班のみんなが、文字どおりエンジョイしてました。新茶の香りもしっかりと、まったり、ゆったり、和む時間を頂きました  。

2020-05-02 12.20.25

みんなが、各々に創作したものをこの手作り宝箱に入れて、どこかに誰かに贈る準備を…みんなのありがとうの気持ちを込めて…どこに、誰に?は、また、後日…。 こんな時だから、いつもお世話になってる人たちに、私たちが何か出来ればと、取り組んでるのですが、みんなの取り組む姿が嬉々としていて、誰かの役に立とうと思ってやってることが、その誰かの存在にやっぱり支えられて温められていることに気がつきます。人って一方通行ではなくて、常に交差してるんだなって解ります。思いあっていることで、お互いのもとへ、気持ちはひとっ飛び!出来ると信じます。

 

2020-05-02 12.21.06清流会管理棟玄関…どこも工夫されていることと、 来園される方々にも協力を得て、みんなの命を守れています。 氷川の仲間の多くが、手をきれいに洗う、マスクをするという行為がとても困難です。けれど、みんなが、それぞれにこの状況がただ事ではないと、スタッフの言葉や動き、TVなどからの情報から、感じて受け止めてくれてると…いつもは出来ないしないマスクをはめることを気を付けようとしている姿、家族に会えない帰れないを何とか踏ん張っている姿に、みんなの持つ能力、アビリティーを見ることが出来ます。 ご家族も、支援者への労いと感謝の言葉を添えて、子どもや兄弟姉妹の好きなものを、みんなで、と、送って下さる…スタッフも、元気ですよ!を家族に伝えるために、各々に思い取り組んでくれている、互いを思いあっていることで、今ひとときをそれぞれの場所で踏ん張ることが出来ます。 会えない時間が愛育てるのさ~♪(^_^;)年代がわかるmee(*^^*)でした。今回も、長文お付き合いありがとうございました…レッツ エンジョイ ステイホーム!って言っても、連休無しで働いてくれているスタッフに心からありがとう!です。

 

アイノマスク

氷川の森は新緑まぶしく、風は心地好く、とても気持ちのいい季節を迎えています。

辛いこと、不安を覚えること、沈みがちな気持ちを上げていくことに一生懸命な日々が続いていますが・・・こんななかだからこそ、人って良いなぁ・・・と思える、今朝一番に嬉しい贈り物が届きました。

名付けて(誰が?わたくしmee(*^_^*)が)アイノマスク!!た~くさん!!

県外に住む氷川町出身の方から、使ってくださいと。若いころに一度園に訪れたことがあるとのことですが、申し訳ないですが、面識は?・・・というのが正直なところ。

有難いことです。人が善なることを信じられる出来事です。地域の方からも、ご家族からも、これまでも手作りマスクをいただいています。

みんなみんな、どれもこれも送ってくださった人たちの「愛」の詰まったマスクです。これらの「アイノマスク」大事に大切にみんなの命を守るために使わせていただきます。

「故郷の桜ケ丘や竜北吉野の山々、そして氷川の流れを思いだしながら、一生懸命に頑張っています。」と。私たちへの労いと心からの祈りを乗せて送っていただきました。すべての人が辛さを背負っている中で、自分以外の誰かを想う気持ち、それを形にして届けて下さる気持ち、人類は必ずこの危機を人が人を想い合う気持ち・愛と連帯・叡智で乗り越え、また新たな世界を構築していけると信じます。(ミニ薀蓄:ホモサピエンスって、「ホモ=人科」「サピエンス=賢い」って意味だとか・・・人間が付けた分類・名称ですが、自分で自分に賢いって・・・ねぇ・・・図々しいのがいかにも人間らしい・・・けど、自ら付けた以上、人類の未来を繋がなければ付けた意味がない。名に恥じぬことを願う(笑))

多くの犠牲を生み出している今に必ず終わりが来ることを信じ、命を懸けて私たち(たまたま今日生きている)に多くの警告を教えを届けてくれた人の存在を裏切ることのないような生き方をしなくてはいけませんね。

以心伝心

2020-04-24 12.08.11 14年の長きにわたって毎年フラメンコライブを届けて下さっている鈴木眞澄さん(フラメンコスタジオ・マジョーレ)とお仲間の皆さん。

上段の写真は、氷川でのライブ・・・眞澄さんのお母さまの高子さん(享年85歳・現役でした)と息子さんの雄輔さん(高子さんのお孫さん)の共演、ミッキーさん(カンテ・歌)や英夫さん(ギター)の姿も・・・。下段のポストカードは眞澄さん。

先日、眞澄さんと雄輔さん、そして娘さんの麻衣さん、カンテ(歌い手さん)とギタリストの5人によるライブ生配信がなされました。コロナウイルスに負けないで!みんなで乗り切ろう!お家でライブ(^^♪。全国各地で多くの人たちが鑑賞くださり、mee(*^_^*)もお家で母と二人、楽しい時間を過ごしました。人生初チャットに挑戦・・・こんなことを自分がするなんて・・・何がどう転ぶか解らないものです。人生もそう・・・。良く転ばせるか、否か・・・自分次第・・・難を力に変える、知らなかった世界にも足を入れてみる、手を出してみる・・・。そんなことも学びました。ありがとうです。

で、14年もお世話になって力をいただくばかりの私たち・氷川のみんなから何か眞澄さんとお仲間に届けることを・・・画策始めたところに、またもや、先を越されてしまいました。眞澄さんから「氷川学園のみなさ~ん!!お元気ですかぁ?」ってメッセージ動画が届きました!!(*^。^*)

みんなに、と言っても、集まるわけにはいかないので、少しずつ回って・・・みんなの反応の素敵なこと!!食い入るように画面を見つめ、眞澄さんとほぼ同時か早いくらいに手を振って「ますみさ~ん!!元気で~す!!」普通に会話してるし・・・。ある人は「お母さん(高子さん)もおらしたな。踊り上手だんな。」「眞澄さんは今何をしてますか?私は部屋で刑事もの見るのが楽しみです。」って質問を交えて近況報告・・・。「眞澄さん(コロナウイルスに)かかってはだめですよ。かからないでください。」って真剣な顔で。「今度はいつこらすとな。踊りにこらすかな。会いたかなぁ・・・」みんな楽しみに待ってます。春よ来いならぬ、眞澄よ来い!!って、みんな待ってます・・・。

眞澄さんとお仲間に届けるものは・・・内緒です・・・。

眞澄さんと会話?するみんなの姿に、涙ぐんでる心優しきスタッフの姿も嬉しいmee!(^^)!でした。

雨の日もあれば晴れの日もある。雨もまた良き佳き…の心持で。85歳の利用者さんに「mee先生も体に気を付けて元気でおらなんよ。」と励まされました!頑張らせていただきます。

そして、テレワークとは無縁の現場で昼夜支援にあたってくださっている沢山の仲間たち、不自由と不安の中で頑張っているみんなに、心からの感謝とエールを送り続けたいと思います。世界中の皆さんの週末が希望ある日であるよう祈ります。