氷川学園 スタッフブログ

恒例の!

2018-04-19 16.28.584月のお誕生会です。

入所部が新園舎になって初めてのお誕生会。

交流ホーム(仮設の食堂・浴室等で使用していた)がまだ解体中であることもですが、各ユニット6軒の家がありますが、今回は3ユニットにお誕生者がいらして、それぞれに分かれてのお誕生会となりました。

恒例の手作りケーキは、新園舎にちなんで、ごらんの通り。森のお家みたいで可愛くて美味しそう(*^_^*)・・・いつもながら手の込んだケーキに感謝です。(ちなみに、委託先の九州医療食さんは、名称改めて「トータル・メディカル・サービス」というオサレなネーミングになられました。覚えきれずPCに付箋を貼っています(^_^;))

ユニット毎に「おめでとう」を届けに行って、良い運動になっているBONES(*^_^*)でした。

 

新しい

2018-04-14 23.28.00新しい生活の場でユニット毎の食事。

利用者さんもスタッフも調理の方々も。みーんなが初めての体験。

みーんなが新しい。

スタッフも新任さんが、氷川に四人、法人全体では6人の新しい仲間が加わりました。

今年は一人の退職者もなく有り難いことです。

今まで食堂に座ったとたん、一時も待てずにいた人がまったりと眺めています。穏やかな表情です。嬉しいです。ホッとします。

2018-04-14 11.19.18食後、手始めに、自分たちの湯飲みやお箸から洗っていきましょう!って、ユニット毎のチャレンジもボチボチ、ゆっくり、そのお家毎のペースでやっていけば良いですね。

 

これは、先日、4月13日(金)のこと。

この日は、先日亡くなった尾嶋八重子さんのお誕生日、元気なら89歳になるはずでした。

Kさんが覚えていてくれて、「尾嶋さんにも食べさせてあげて」と写真に向かって話してくれました。この人たちは温かいですね。

隣でTさんが言いました。「おと(ぅ)さんがおらんでさびしかな。おか(ぁ)さんは明日こらすか?もうこらるっど?」と。お父さんは亡くなった初代のこと、お母さんはその妻の光子さんのこと。ご自身も車イス、光子さんも車イス、仮設にはなかなか来れなかった光子さんも園舎が新しくなったから来れるだろうということらしい。やっぱり、この人たちは温かい。

何のてらいもなく人をおもんばかることの出来る、こちらの心がポッと温かくなる。

この夜、新任職員さんたちの歓迎会。

新しい仲間が、この温かさを受け取れる人に育ってほしい、切に願います。そういう人に育むことの出来る土壌がこの清流会にあることを、諸先輩全職員に期待してやまないものです。

この日の夜は、そんな歓迎会になった?のかな?

BONES(*^^*)でした。

 

二日目

2018-04-12 14.09.06引っ越し二日目の朝です。

 

2018-04-12 14.09.26布団干しにはもってこいのお天気です。中庭です。

 

2018-04-12 16.54.51二階の「なのはな」さん宅です。

奥のリビングでは、Tさんが穏やかな笑顔を浮かべて本を読んでいます。引っ越し前まで泣き続けるのではないかと心配をしていたTさんです。この穏やかさがずっと続くのか?ある日・・・不安が??

今考えても仕方ない・・・今の姿が今のすべてかと。

2018-04-12 14.09.57一軒の表札もつきました。利用者さんの書です。

少しずつ「我が家」が出来つつあります。

物理的環境整備の力はもちろん、水面下でのスタッフの努力があってのことも承知しているつもり・・・

なぜ、うまく回るか、穏やかに過ごせるか・・・その根拠を示せる支援を、根拠が示せる支援者に・・・そんな施設・事業所になりたいです、        BONES(*^_^*)でした。

引っ越し途中

2018-04-10 15.40.57「ゲストルーム」・・短期入所ルームの表札です。

個々人のお部屋にも同じネームプレート枠が用意され、それぞれに趣向を凝らした?ご本人らしいネームプレートが掛けられました。それを見て回るだけでも、ちょっとした美術館巡り・・・のような気分も味わえます。

引っ越し途中、みんながおおわらわ・・・の中、再びの連ちゃんブログ更新、浮き立つ気持ちを抑えきれずごめんなさい・・・。

広すぎて足がつりそうなスタッフの大変さも少しは一緒に味わっています。

2018-04-10 15.39.36と、そんな大変さを癒してくれるこの花束・・・かなりの大きさです。D2T学園のK施設長からの贈り物です。みんなで愛でています。

ありがとうございます。

先日、春休みで遊びに来ていた姪っ子(春から高校生)が、玄関を前に「マンションみたいやねぇ~」って、まずまず狙い通りの仕上がり・・・ちょっと、結構嬉しい。

今夜は、ゲストルームではなく、人生初?ベッドを体験するMさんのベッドの横にお泊りさせてもらおうかなぁ~と勝手に思っています。もしもの時のクッションになれればと思っているBONES(*^_^*)でした。

 

4月10日、支援学校の入学式に行ってきました。

小学部から高等部まで、可愛らしい姿から凛々しい姿まで、嬉しさや楽しさも、そして不安も、入り交じる気持ちが会場いっぱいに溢れていました。

市長のお祝いの言葉に、「すべての子どもたちが地域の宝だ」とありました。本当にそうあって欲しいと心から願います。どんな子どもも地域の大人たちが宝物だという想いで育んで欲しいと。もし、子どもたちがこれから歩く道のりで起きることに負けそうなとき、困り果てたとき、そんな時こそ、この宝物にすべての大人が愛情を注いで欲しいと願います。

 

 

2018-04-10 11.27.07氷川の玄関ホール

 

さてさて、氷川の宝物の皆さんの新しい生活も、奇しくも本日より、本格的にスタートします!

新しい園舎で、自分だけの部屋で、今夜は眠り?(^-^;ます。

こちらも、スタッフの不安が大きいのが否が応でも伝わってきますが、

大変を楽しむ気持ちを持って欲しいと、無責任で全責任を負う覚悟だけは有るつもりのBONES(*^^*)としては、日々願ってます。利用者さんはもちろん、スタッフの皆さん全てが、とてもイトオシイと感じるこの頃です。

きっと、単に歳をとったからでしょう。

2018-04-10 11.27.38さくらユニットのキッチン、一足先に、尾嶋さんと哲さん、千鶴ちゃん、まーちゃん、みっちゃん、も。

お花もありがとう。

 

今日は、お天気も良くてとても気持ちが良くて、車が鳥の洗礼を受けても、許せるBONES(^-^;春の日です。

 

平成30年度スタートしました!

2018-04-04 10.22.58氷川学園正面玄関

全てが順風満帆!ではないけれど、

色々あって、色々を乗り越えて、色々を呑み込んで、いろんな人たちの力を借りて、いろんな人たちに支えられての、清流会氷川学園の新園舎での生活がリスタートします。それぞれの家に生活感が出る頃に、どうぞ、遊びにいらして下さい!

 

フレッシュな新人さんたちを迎えて、更に賑やかになった清流会を、今年度も宜しくお願いします!

花粉症で目が痒いBONES(*^^*)でした。