氷川学園 スタッフブログ

どうやって…こうやって…アマビエ様!

2020-05-08 13.56.40    通所部玄関?に現れた「アマビエ様」・・・これで、氷川の通所部には疫病は入れません。きっと・・・。

何とまぁ!かわいいこと!!通所部メンバーの創作によります、さをり織の端切れを利用して・・・。どうやって過ごすか?こうやって・・・出来ました!氷川発のアマビエ様です。

こんなにかわいいアマビエ様を見て、人に悪さをしようという気持ちは湧かない!!と信じます。

このアマビエ様に負けないくらい良い笑顔で過ごしている通所部の仲間たち・・・お家自粛から久しぶりに登園してきた仲間にも会えて、良い一日でした。

週末・・・皆様良い時間となりますように・・・mee(*^_^*)でした。

観てみてぇ~

 

2020-05-07 13.30.39

五月七日・・・連休?明け初日・・・通所部のみんなが元気に登園してくれて、ひとまず一安心??

国の緊急事態宣言は今月末まで引き延ばされましたが、各県ごとの自粛要請には異なりが出てきました。勿論、各都道府県での感染者の確認数の違いは大きく、それぞれの地域の状況に合わせて各首長さんたちが判断されていくところなんでしょう・・・が、心配なのは別に県境に壁があるわけではなく(現に瞬く間に世界中ほぼ全ての大陸に感染は広がったのですから)、これまでも、これからも、県をまたいで地域をまたいで移動することは可能なわけで、例えば九州管内で熊本だけが一足先にってなると他県からの人の流れは当然のごとく増えてくるのはリスクとして考えた上で、増加したときの対応を具体的に整えたうえで、ということは必須なことでしょう・・・人の移動が感染を広める一番の要因であることは明白なので、一個人としては、一事業所としては、まだまだ当分は、各人、私たち一人一人が正しい判断をできること、自分が感染源であるかもしれないという意識をもって、自分も周りの人の命も、そしてこの国・地球・人類の未来をより良く変える方向に言動を持ち続けることの努力が必要ですね。

上記のメッセージカード「一つの答えを 唯一の答えだと 言いきらない豊かさ」・・・素敵な言葉です。

言葉の力って侮れません・・・ってことを、今回のコロナ対策・この事態に関する、様々な人々が発している言葉の数々も証明しています・・・その言葉が人を支え・温め・勇気づける、まさにどん底から救い出してくれることもあれば、その一言で、立ち直れない、生涯心に傷を残すことも、人と人との信頼を深めもすれば、断ち切ることも・・・。人は辛いと、それを誰かの何かのせいにしたくなります。そして誰かに正解を求めたくなるし、その答えが自分に同調してくれるものを求めがちで、意に反するものを排除したり、攻撃したくもなります・・・。

この言葉を届けてくれたのは、先日、氷川のみんなが贈り物をした、フラメンコダンサーの鈴木眞澄さん!

「ますみチャンネル」YouTube・・・是非!覗いてみてください!!(押し付ける悪癖mee(^^;))5月4日にアップされた分ですが・・・眞澄さんの人柄が滲み出ています。観てみてぇ~・・・mee(*^_^*)でした。

到着!コラボ情報

前回載せていた、椿模様の宝箱?

届きましたよー!って、今日連絡ありました…ブログいつも見てくださってる方にはお分かりかと…フラメンコの鈴木眞澄さんとお仲間の皆さんへのみんなからの贈り物でした。

それぞれに書いたり貼ったり折ったり歌ったりお喋りしたり…山ほど容れた物のなかに、最近全国区になった妖怪アマビエ様(疫病が流行ったら私の姿を見せよと不知火海に現れたという)の絵を、お守りにと。

そしたら、眞澄さんからのお返し情報!福島の郷土玩具で有名なあかべこ(牛のお人形、これも厄除けの意味があるとか)とアマビエのコラボ商品が出されているとのこと。

こんなことから、遠く離れた福島と熊本が繋がり合えるんですねぇ…楽しいですね!ほのぼのする話題です。

明日で大型連休も終わり…通所部のみんなが元気で登園してくれるのを待つのmee(*^^*)です。

 

どうやって?

2020-05-02 12.19.00 これ、カメラ撮るまで、というか、meeがユニットに行く前は、各々のお部屋やテーブルにも一人ずつ、で、みんな何やら頑張って製作に勤しんでましたが、meeのハスキーボイスとカメラ持参に、みんなつられて集まっちゃいました…m(_ _)m こんな悲しい言い訳しなくていい日が待ち遠しい… 先日、尊敬するSの里さんの仲良し?かな?(笑)理事長さんが「こんな状況だから、利用者さんの生活、活動色々工夫されてることあるでしょ、どうやってるか、教えてください。」と。とんでもない、こちらが教わりたい…と、話したのですが、どこの施設、事業所も、様々な工夫をして取り組まれてると思います。こんな時に、日頃から取り組んでる、一人でできること、室内で出来ること、そして、身体を動かすこと、機能低下しないような取り組みが、非常時に活かされると思います。 こんな製作、創作、造作活動、そして、ベランダ菜園、採れたものでおやつやランチ作り…。園内のお散歩する姿も、一日通して、ひとりふたりずつに、meeの二階の部屋までみんなのお喋りが聞こえてきて、愉しいです。時々「○○子さ~ん!」って呼んでくれます。お返事して顔を出すと、見つけようとしてくれますが、二階を見上げるって、結構難しいんだなって、事も解ります。 そして、入所施設が、田舎の山の中にあることは、こんな状況下では、周辺を歩くに充分な広さを確保できる、自然の恵みを満喫出来ることにも、利点の多さが解ります。人里離れた施設、と、批難されることも有りましたが、この非常事態にあって地域の人々からの温かさを届けてもらえることに、ここで暮らしてきて良かったと思います。

 

 

2020-05-02 12.19.41昨日「新茶の試飲してくださーい!」って、届けてくれました。園の入り口の道沿いに初代園長と利用者さんが一緒に植えたお茶の木…茶摘みをしました。ソーシャルディスタンスを守るのはなかなか難しい中で、お茶の木一本ずつの距離は分かりやすくて良いですね。うまく葉を摘めない人は木と木の間の草取り…。通所のエンジョイ班のみんなが、文字どおりエンジョイしてました。新茶の香りもしっかりと、まったり、ゆったり、和む時間を頂きました  。

2020-05-02 12.20.25

みんなが、各々に創作したものをこの手作り宝箱に入れて、どこかに誰かに贈る準備を…みんなのありがとうの気持ちを込めて…どこに、誰に?は、また、後日…。 こんな時だから、いつもお世話になってる人たちに、私たちが何か出来ればと、取り組んでるのですが、みんなの取り組む姿が嬉々としていて、誰かの役に立とうと思ってやってることが、その誰かの存在にやっぱり支えられて温められていることに気がつきます。人って一方通行ではなくて、常に交差してるんだなって解ります。思いあっていることで、お互いのもとへ、気持ちはひとっ飛び!出来ると信じます。

 

2020-05-02 12.21.06清流会管理棟玄関…どこも工夫されていることと、 来園される方々にも協力を得て、みんなの命を守れています。 氷川の仲間の多くが、手をきれいに洗う、マスクをするという行為がとても困難です。けれど、みんなが、それぞれにこの状況がただ事ではないと、スタッフの言葉や動き、TVなどからの情報から、感じて受け止めてくれてると…いつもは出来ないしないマスクをはめることを気を付けようとしている姿、家族に会えない帰れないを何とか踏ん張っている姿に、みんなの持つ能力、アビリティーを見ることが出来ます。 ご家族も、支援者への労いと感謝の言葉を添えて、子どもや兄弟姉妹の好きなものを、みんなで、と、送って下さる…スタッフも、元気ですよ!を家族に伝えるために、各々に思い取り組んでくれている、互いを思いあっていることで、今ひとときをそれぞれの場所で踏ん張ることが出来ます。 会えない時間が愛育てるのさ~♪(^_^;)年代がわかるmee(*^^*)でした。今回も、長文お付き合いありがとうございました…レッツ エンジョイ ステイホーム!って言っても、連休無しで働いてくれているスタッフに心からありがとう!です。