氷川学園 スタッフブログ

ひかわの森 ミニミニ マルシェ

   去る11月3日・文化の日、入所部だけの利用者さんに限ってのミニミニマルシェを開催。

コロナ禍において例年通りの開催はもちろん難しい・・・日中活動も入所部・通所部を分けて過ごしている中、一緒に開催も難しい・・・

で、このような形に・・・。40人の利用者さんと職員だけのシンプルながら愉しいこと盛りだくさんのプログラムを考えてくれました。

飛び入りも、途中退場も、好きなように…誰憚ることなく、歌いたい人、踊りたい人、唯々楽しんで。



空き缶積み上げ大会で、商品ゲットしたら、お風呂タイムの人も・・・

何て自由人!!

そんなことも、こんな風にミニミニ我が家だけのお楽しみの時間だからこそ、スタッフもみんなものんびりゆっくり、心ゆくまで愉しめたかと。



足ツボ刺激手押し相撲も、ソーシャルディスタンス保って、安全確保で、この角度!!こんな瞬間が激写できました。



観る人も、外へ出てもよし、お部屋から、ベランダから、リビングから、好きな場所で。

美味しいものも、久しぶりの氷川学園ならではのお祭りメニューを、調理の人たち総出で用意してくれました。

懐かしい味、愉しい時間、サプライズな出来事・・・ささやかな心温まる場面のひとつひとつに、この人たちと一緒に日々を過ごせていることの幸せをあらためて実感して、利用者さんはもちろん、全てのスタッフに心から感謝のmee(*^_^*)でした。

でも、来年のマルシェは、また地域の人たち、ご家族、事業所のお仲間のみなさんたちと、美味しいものやお洒落なものを積み込んでやって来て下さる皆さんたちと、大勢でにぎやかな時間をご一緒できることを心底願っています。

Mさぽの利用者さんが「今年はひかわにはいつ行くとな?」と聞かれたそう・・・嬉しいことです。来年は必ず!待ってます!!

カテゴリー

アーカイブ

ページの先頭に戻る