氷川学園 スタッフブログ

どんどや

今日は、昨日に続いてちょっと温かく感じます。

氷川どんどや日和、エンジョイ班のみんなで行ってくれました。

あっという間に、お正月飾りも一緒にどんどやの櫓は焼け落ちて、写真が間に合わなかったmee(^^;)でした。

けれど、どんどやの火で、美味しく焼きあがったお餅ならずお芋はふかふか、甘~くて、ほっぺが落ちそうな美味しさでした。

どんどやの火であぶったお餅を食べると風邪をひかないとか・・・きっとお芋も効力発揮で、コロナにも負けないぞ~!!ってね。エンジョイ班の皆さんありがとう!!

にしても、はやっ!!もう15日ですね。小正月ですね。旧暦での1月15日は一年で初めての満月に当たるそうで、夜を明るく照らすのでおめでたいもの、「ハレの日」として色んな行事を行うのだそうです。

何か良いですね「ハレの日」・・・ん!何か好いです!!(*^_^*)

ちなみに、この辺りではどんどやは地区ごとに広場や河川敷などで行われますが、東北の友人の話では「どんと祭」と言って神社で大々的に行われ、何万人もの人がしめ縄やおお飾りを持ってくる(今年は難しい?のかな?)そうで、お餅やましてお芋を焼いたりはしないそうです。其々の地域で色んな形で節目の催しが受け継がれてるんですね。ちょっと違ってみんなおんなじ!って感じ?

氷川の「どんどや」はささやかながら元気いっぱいのエンジョイどんどやでした!

カテゴリー

アーカイブ

ページの先頭に戻る