氷川学園 スタッフブログ

誕生会

   本日2月のお誕生日会

2月は、利用者さん12名とスタッフが2名と、大勢の仲間が生まれてくれた月です。沢山のおめでとうが行き交いました。

お誕生日会には、所用で参加出来なかったmee(*^_^*)でしたが、きっと賑やかだったことと思います。

お昼のメニューは、誕生者の人たちの意見を取り入れて、サンドイッチ・ハンバーグ・コンソメスープ・ミモザサラダ・・・と豪華版! 量も沢山でお腹いっぱい。寒さの中でも、美味しく食べれることは何より幸せですね。

梅の花

    学園入口の梅の花が満開です。

厳しい寒さが続く中にも、春が近づいていることも確かなことだと、少しばかりホッとします。

寒さとコロナの感染拡大の中にあって、氷川のみんなを始め、清流会の仲間たち、何とか感染者もなく過ごせています。ただ、かなり身近なところまで「濃厚接触者」という言葉が迫って来ていて、その度に、スタッフ関係であれば、いったん休んでいただいて検査結果を待つなどの回避対応を取ったり、利用児者関連であれば、利用休止をされたりと・・・結果を冷や冷やしながら待つ日が続いています。

何処も同じ様な状況で、奮闘されていることと思います。

あと、どれ位?頑張り続けなければいけないのでしょうか?ね・・・。

お正月を家族のもとで過ごせた人が、また帰省が中止となり、その理解が難しく、帰れたことの記憶がフラッシュバックしてきて、少し不穏になられている様子もみられます。辛いことです。理屈が伝わらないことの難しさ、もどかしさを痛感しますね。こんな時に、家族になれないことを再認識します。なれないけれど、近づく努力を・・・向き合うことを、し続けるしかないのです・・・ね。

季節は必ず巡り、厳しい寒さにある冬も、やがて春へと移り変わります。信じて待つ・・・支援の姿勢と一緒ですね。

にしても、寒さが身に染みるmee(*^_^*)です。

大寒

 1月20日 本日「大寒」です。

さて、何でしょう?

  枯れ葉に火が起こりまして・・・ひといき・・・

 

 中から出てきたのは、もうお解り?かな・・・アルミホイルに包まれた

 

 そうです!! 更に包まれた新聞紙を開けて・・・

見るからに美味しそうな「焼き芋」の出来上がり!!😋

 アツアツをほおばって、温かくて甘くて美味しくて、大満足!!

大寒の日に相応しい遊び方でした。

もみじユニットのメンバーのお正月遊び(カルタ取り・凧あげ)の一環に混ぜてもらって、楽しんだmee(*^_^*)でした。

余談ですが、本日は初代施設長・哲さんのお誕生日でした。

あと、くれぐれも火の用心を! 火事のニュースが後を絶たないので、充分気を付けていきましょう。

新年明けましておめでとうございます。



2022年 令和4年 寅年明けましておめでとうございます。

もみじユニットで制作されたお正月飾り。寅の絵はちぎり絵です。「金で貼ってみた!」と、Oさん得意満面です!!!(^^)! キラキラですね。白い毛は綿を貼ってあって、実際見ると、立体的な仕上がりになっています。2022の数字も寅年の文字も、パステルカラーで優しい仕上がりになっています。お正月にみんなで作ったということです。

暮れまでの感染状況の収まり具合から、お正月をご家族と過ごせた人もいました。久しぶりの帰省が実現し、楽しい時間を過ごしてこられて何よりだったと嬉しく思います。残念ながら、学園やグループホームでのお正月になった人たちも、スタッフの工夫や配慮のお陰で、楽しい休暇を過ごせたようです。一番良かったのは、今日まで体調不良の人も出ず、皆が元気でいてくれることです。有難いことです。

が、心配・予測された通りに、年明け1週間を待たず、感染状況は急激な拡大を見せ、またオミクロン株への変異も進んでいます。緩和し再開していた帰省・外出の実施も、本日ご家族へ中止のお手紙を出すことになりました。県内の状況も急拡大しています。まだまだ、対策を緩めるわけにはいかないようです。寒さも一段と厳しくなっている中、換気などの対応も難しくなりますが、出来ることを出来るだけ細目にやっていくしかないですね。第3回目のワクチン接種の準備も進んでいるようです。

何とか、この第6波をみんなで乗り切り、収束へと向かうことを願います。そして、みんなにとって、皆さんにとって、どうか幸多き一年になりますよう、心からお祈り申し上げます。

今年も氷川ファミリーを何卒よろしくお願い申し上げます。   mee(*^_^*)でした。

整いました!

    12月28日 2021年・令和3年、仕事納め(一応)。新年を迎える支度が整いました!

事業部長手作りの門松がお洒落に出来上がりました。これで、2022年・令和4年が心新たに迎えられます。

振り返れば、やはりコロナに振り回された感が否めない1年でしたが、そんな中でも、利用者さんたちが少しでも笑顔で過ごせる時間をと、色んな工夫・配慮を随所に、また季節の行事ごとに、心を凝らして努めていただいた1年でもあったかと、利用者さんの存在と支援員の皆さんの努力とに、心から感謝で一杯のmee(*^_^*)です。

現段階での感染状況・リスクレベルに応じて、お正月をご自宅で過ごすことが叶う人もいます。園に残る人もGHで過ごす人も、全ての人たちにとって、楽しい年末年始・お正月になることを切に願います。

そして、一年間、このブログを観て下さった皆様にとっても、来る年が幸多きもので有ることを心より祈ります。佳いお年をお迎えください。

一年間、ありがとうございました。

クリスマス忘年会



12月23日に「クリスマス忘年会」を各グループに分かれて開催しました。あちこちに、沢山のサンタやトナカイが進出して賑やかでした。

お料理はテイクアウトでのクリスマスランチ弁当のグループと、学園での調理でのクリスマスセット(パエリア・チキン・キノコスープ・フォンダンショコラ)の二種類。どちらも豪華で食べきれないほどのボリュームでした。mee(*^_^*)的には、フォンダンショコラ!調理場の手作りケーキ、最高に美味しかったです。あと、サンタクロースを模したイチゴのデコレーションやツリーに見立てたアボガドとサーモンのサラダなど、手の込んだ料理に感激でした。

其々のグループで、お愉しみレクレーション(カラオケ大会・クリスマスソングショー・リース作り・ピザ作り・・・等々)も満載、もちろん全員にサンタさんからのプレゼントも届いて、一日を通してクリスマス気分で一杯でした。

ケーキの進呈も、ご家族から、VO.さんから、関連事業者さんから・・・こちらも、二日に分けて、みんなで頂きました。心から感謝です。ありがとうございました。

クリスマスが終わると、気持ちは一転、お正月へと向かいます。

さて、コロナ禍ではありますが、現状レベルでの対応として、帰省してご家族とのお正月を過ごせる人もいる予定です。オミクロン株の市中感染も出てきていて心配は尽きませんが、県内の発生件数0が続いている今の状況が少しでも長く続くことを願ってやみません。二年ぶりの家族とのお正月、また園でのみんな一緒の賑やかなお正月、それぞれに元気で過ごせることを祈ります。

12月お誕生会

本日 12月のお誕生会

各ユニットごとに開催されました。写真は「さくらユニット」での様子。

83歳になる利用者Aさんと20代の若者スタッフ・・・どちらもお健やかに!!楽しいこと沢山の1年を祈ります。

Aさんは、皆からおめでとうを言われるたび、プレゼントを受け取られる時、涙腺が緩々と・・・。素直な表現が良いですね。

ユニットのリビングもクリスマス飾りがいっぱいですが・・・お誕生会を終えて出てくると、玄関周辺にもイルミネーションの準備が進んでいました。今夜からライトアップされる氷川学園です。楽しみですね。心も華やぎますね。

ウキウキしてくるmee(*^_^*)です。

檸檬

   今年も届きました・・・生りました。

風楽のお庭で、檸檬が沢山生りまして、お裾分け頂きました。

本当に久しぶりに対面式で開催の「高齢者支援」の研修会に参加して帰り着いたら、檸檬が届き、ふーっと一息入れたところです。良い匂いです。

オンラインではない研修会自体が本当に久しぶりでしたが、直接お会いできた旧知の人たち、感慨一入でした。研修の中身も濃いもので充実していましたが、やっぱり直接人と会うという行為は感情が高揚するものですね。「会いたかった。会えて嬉しい。元気そうで良かった。ゆっくり話したいね。」等などの交わす会話が嬉しく、人の有難みを再認識出来たmee(#^^#)でした。

修学旅行

   風楽をご利用のRさんからです!って、届きました。ありがとう!

修学旅行だったそうです。お土産にと、風楽のスタッフにまで買ってきてくれました。その上、所長の分も必ず上げてくれとの言付けとのこと。嬉しいですね。日頃、あんまり顔見せれてないのに、覚えてくれているかなと、有難く思います。小学校の修学旅行といえば「長崎」、長崎といえば「カステラ」!ですよね。

修学旅行に行けたこと(コロナ禍で)、みんなとの時間が共有出来たこと、他者への思いをお土産を買うということにも繋げられていること、楽しい思い出が一つ増えたこと、良かったです。

本日12月9日・・・1日の過ぎる速さが、師走に入ると一段と増すような気がしますね。

 風楽のクリスマスの準備も着々と進んでいます。

暖かい部屋の中に、子どもたちの賑やかな声が響く・・・そんな季節です。

所長のmee(#^^#)でした。

早くも12月



早いもので、もう12月・・・ユニットの壁面飾りもクリスマス仕様に早変わり。水槽の上にもサンタさんが登場しました。

一気に寒さも増して、本格的な冬の訪れを感じざる得ませんね。

コロナも一気に減少して、警戒レベルも下がり、ご家族との面会に加え、外出外泊も再開をしたところです。直ぐに申し込み有り、約二年振りの帰省を果たした方もいらっしゃいます。面会でも嬉しい声が聴かれています。どうか、この状態が少しでも長く…このままずっと…と願いますが・・・変異株の登場から第6波の心配と尽きぬところです。感染対策は今まで通りに取りながら、今だから出来ることを精一杯工夫をして、楽しい時間となるよう努力しなくちゃですね。

2年振りのご家族と一緒の時間を、精一杯楽しんで来てくれることを願ってるmee(#^^#)でした。

カテゴリー

アーカイブ

ページの先頭に戻る