氷川学園 スタッフブログ

感謝

2018-07-19 14.32.28去る7月14日に法人あげての祝賀会を開催いただきました。

実は・・・平成28年12月に、天皇陛下より「御下賜金」を拝受するという名誉な出来事がありました。

「社会福祉法人清流会 氷川学園」に対して頂いたものですが、諸々の事が重なり、このことを皆で祝うことが延び延びになっていたのですが、初代施設長が昨年末に亡くなり、その後「瑞宝双光章」叙勲受章頂いたことも重なり、理事長が発起人となって下さり、祝賀会の開催となりました。

双方共に、清流会の立ち上げから今日に至るまで支えて下さっているすべての皆様のお蔭さまであることは勿論、日夜障がいの有る人に向き合ってくださっている「現場職員」にむけての「感謝状」ではないかと理解しています。法人関係者のみのささやかな会でしたが、とても温かな会となりました。本当に感謝です。

と、同時に、この名誉に恥じない仕事をこれからもし続けなければいけない「使命・ミッション」も、私たちは受け取ったのだということを忘れず、精進していきたいと思います。

もちろん、その使命・ミッションは「障がいの有る人の生活をより良くしていくこと」それに尽きます。

「一隅を照らす、これ即ち国宝なり」大きなことは出来ないけれど、自分の足元・一隅を照らすことを努力していきたいと思います。

どうか、清流会に関わる全ての人たちへ、温かな叱咤激励をこれからもよろしくお願い申し上げます。

BONES(*^_^*)。

 

 

黄色い声

2018-07-09 17.47.10毎年恒例の宮原小学校2年生・常葉保育所年長組・氷川学園交流会。二年振りに氷川学園の交流ホームで開催。グループ分け後自己紹介を経て、紙風船運びリレー・・・雨が上がると同時に酷暑の中、園まで歩いてきてくれた子どもたち、汗だくで大丈夫かなと??の心配をよそに、さすがの若さ!・・・まぁ!盛り上がる!!盛り上がる!!・・・黄色い声なるものを久しぶりに聞いたような気がします(^_^;)

このホーム一杯に響き渡る、割れんばかりの歓声を写真に収めきれない、撮影技術の無さが悔やまれるほどです\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/こんな感じ!!?

2018-07-09 17.45.34丁寧に丁寧に・・・

勝ちたい気持ちは当たり前、一番じゃなきゃいけない?気持ちも、競うからには当たり前、でも、その中で、相手のペースに合わせて、ゆっくりゆっくり、ボチボチ、時々落しちゃったりしても、結果、勝っちゃったりしてしまうこともある、もんですね。今日の交流会もそうでした。

色~んな人がいて、色~んな出来事があって、みんな違ってみんな良い、を、屁理屈コネないで、「あ~楽しかったね。またね。」って、次会えれば最高ですね。

黄色い声にパワーいただいたBONES(*^_^*)でした。

久しぶりの我が家

2018-07-05 13.02.23 あちこち出掛けていて一週間ぶりに帰ると、見事な七夕飾り・・・願い事も沢山・・・誰が叶えてくれるのか?彦星様?織姫様?神様?仏様???今週いっぱい雨模様・・・大きな災害が無いことを祈ります・・・天まで届け。

2018-07-05 13.01.33先週アップした花壇・・・こんな大輪!!\(^o^)/凄い!!この大きさがわかりますぅ?さすが庭の魔術師Mさんに感謝。

2018-07-05 13.01.14と、「雨ばかりで、なかなかトマトが色づかない」と北海道の親戚が嘆いていますが・・・仮事務所脇のトマトは、こんな感じです。色はともかく「ツヤツヤ」です。きっと、昔ながらのトマトの味でしょう。

一週間ぶりに、もみじユニットのみんなと楽しい昼食を終えて満足のBONES(*^_^*)。ちなみに、メニューはお肉たっぷりのハヤシライス。食べ終わって食器を片づけているTさんとWさんの会話「大きかスプーンは学園のだけん、そっちに置いといて」「小さかとはうちのだけん、洗うけんこっちに持ってきて」・・・会話と言っても喋っているのはTさんだけでWさんはジェスチャーのみですが、会話は成立しています。良いな!と思ったのは、「学園のもの」「うちのもの」・・・しっかりとユニットが我が家の位置づけで、学園は外部です。

「一人一人が暮らす家に福祉サービス・必要な支援を届ける」そんなコンセプトで建て替えた新園舎、まずまずのスタートだと思うのはまだ?早い?・・・でも嬉しい会話でした。BONES(*^_^*)。

7月3日帰りました。

2018-07-03 19.06.41ギリギリまで調整中でしたが、熊本に降りれないこと、引き返すことも有り、で、

2018-07-03 19.06.14飛び立ちました

2018-07-03 19.04.53空の上からの眺めはただただ美しいです

2018-07-03 19.03.55言葉にならないです

無事に熊本空港に降りました。

不安を和らげて頂けたのは、研修会場の国際フォーラムから羽田まで心配して付いてきてくれた大学時代からの友人で同業の存在、と、羽田で会えた熊本まで同便で帰る予定とのT施設長、いつもいつも尊敬と憧れの人です。心強い、不安を安心に変えてくれる人の存在の大きさをまた味わいました。

自然の驚異も美しさも、その前に人は言葉を失うことも。

 

肝心の研修の中身については後日、、BONES(*^^*)でした。

 

 

 

 

日本一の

2018-07-01 12.32.26富士山、見事です。

飛行機に乗ること、羽田までの道行きは数えきれずですが、正直、今日ほどの眺めはなかなか出会わなかったように思います。あまりにも素敵で、かなりの枚数写してしまいました。

 

2018-07-01 12.44.17で、羽田に着いたのに、くまモン!

 

2018-07-01 14.45.22で、今日は、恒例の大学時代から続いている女子会

毎年一回だったのが、色々あって、3年ぶり、、、6人みんな何らかの形で人に向き合う職に就いています。昨日まで熊本で開催されていた「知的障がいのある人たちの高齢者支援を考える研修会」で学べたこと、知り得た情報も、介護の道一筋のお友だちに確認しながら、また同じ知的障がいのある人に関わり続けてきている友人とも、明日からの全国施設長会議の前夜祭で、管理職あるある話に盛り上がりました。

大学生だったころと少しも変わらず、何を話しても笑いが絶えない中にも、社会人となって皆がひとつの道を歩いてきた35年分、話が熱くなってくるようです。想いも深まるのかなぁ?もちろん、楽しいばかりの仕事ではないのは、なんの仕事も同じ、それでも、35年、還暦間近で集まる女子会のメンバーが其々の道一筋なんて、もう奇跡だな、と、思いました。

これからの時代には、そぐわない仕事の考え方なのかもしれませんが、私たちはみんなこの仕事に出会えて、こんなに長く働き続けられたことを誇りに思っていることは確かだし、幸せなことだったなと、

なんか、確認しあえた気もしています。明日からの研修会も頑張ります、ではなくて、踏ん張ります!BONES(*^^*)でした。

梅雨の晴れ間

2018-06-28 10.58.26事務所脇のミニトマト色づき始め

 

 

2018-06-28 10.58.59園舎横に、氷川の庭の魔術師が仕立ててくれた花壇

 

 

2018-06-28 10.59.45雨の日も雨の日も雨の日も休むことなく水やりをしてくれるNさん、今日もカラフル!おされ男子の描く世界もそのまんま、素敵です。

 

 

2018-06-28 11.01.03さをり織りの先生、嶋崎さんから頂いた女郎花、咲きましたよー黄色の花が何とも可愛らしい!

 

2018-06-28 11.01.43この笑顔、ずっと続きますように

 

2018-06-28 11.03.21笑顔の二人と一緒に食べたお昼です。

ずっと、こんな、日常が続いていきますように。

もうじき七夕、BONESの願い事、もうひとつは、のぶ代ちゃんが帰ってきてくれること。

今昔

2018-06-20 17.39.15新しい園舎の玄関に、37年前開園時に掲げられた「氷川学園」の表札が掛けられていました。戻って来たね・・・って感じです。

そうでした。一年前に解体される園舎から外して仮設の事務所に掛けたんです。新しい園舎が出来るまで・・・って。

2018-06-20 17.46.16ちょうど一年前の哲園長と事務長・・・遠い昔の様な昨日のことの様な・・・時は確実に流れていますが・・・確実に引き継がれていますよ・・・。表札だけでなく、あなたの想い・願い・・・一歩一歩、お揃いのニューバランスで(笑)あなたの創ってくれた道のりをみんなで歩いていますよ。(あなたのニューバランスは孫が履いてますよ~(笑))

2018-06-20 17.39.47そして新園舎の中庭・・・先週末の休日・・・昔からの風物詩・・・園舎入り口の梅の木から収穫して、名物栄養士さんが?たぶん?手塩にかけて梅干しをつくってくれています。

新しい生活の空間に昔からの歳時が失われずにあることに、とても幸せを感じます。有り難いことだなと、嬉しくなります。

今日は一日中雨が降り続き、梅は干せずに、玄関内に積まれています。新しい玄関には少し不似合いですが、それもまた「良いな」と思って眺めているBONES(*^_^*)です。

 

我がこと

昨日、大阪で起きた地震に、熊本地震の前震、本震、あの日の事が甦ります。昨日のことのように細かなことまで、まだ記憶に新しく、忘れることはありません。

あの日、家族や職員さん、利用者さんと交わした言葉も思い出されます。

怖かったですね。不安でしたね。

いつおさまるのか?先が見えないことの不安をいやというほど味わいましたね。

仲間がいてくれること、家族が無事であること、互いのことを案じ合えること、日常と呼べる平凡な日々の有り難さを知りましたね。

 

大阪や京都、被災された方々に心からのお見舞いと、お悔やみを申し上げます。この世の中で起きること、全てが我がことです。決してよそ事ではないことを私たちは知っています。

 

今日は大雨の被害が心配されています。

BONESも久しぶりに高速道路を運転して、大雨の中での運転を怖いと感じました。無事に帰り着いたことも当たり前でなく、有り難いことと忘れず感謝したいものですね。

どうか、二次的な被害が広がらないことを祈ります。

 

どこに?

2018-05-30 11.59.47こんにちは。

今、私が見ている景色、どこに?いるか、直ぐに解る人もいるでしょう。

今、今日、私は同級生であり、氷川学園開園からの同士である、Mさんが懸命に頑張っている場所で待機中です。何もしてあげれることはありません。待っているだけです。これまでの長い時間を傍らで生きてきて何か一つでも彼女の人生で私は役に立てたことがあっただろうか?と、胸が少し?結構?チクチクします。

決して人に優しい性格ではない、のは自己覚知していて、そんな自分が仮にも支援者としての道を選んでこれまで生きてきた、それは、彼女たちの存在があればこそ、私の人生は成り立っている、だから、出来ることは、その時々にやれることをやれるだけはやってきた?つもり、だが、それは、実に自己満足の範囲を越えていず、時に足りなかったり、時にお門違いだったりと。

それでも、これからも、まだ暫くは、許される間は、この役を降りずに生きていく、生かさせてもらいたいと願っているので、彼女が長い闘いから帰ってきたら、また、同級生として、傍らで一緒に過ごすことを望んでくれれば、これまでより、ほんの少しでも彼女と過ごす時間を作り直していきたいなと、思っています。

自分の人生で出逢えた人への責任と、いうより、出逢えた人への感謝を込めて、丁寧に向き合っていきたいと今は?(^_^;)思っています。

もう誰も失いたくないBONES(*^^*)でした。

あゆみ春の号(第116号)ができました♪

ご購読の前に、お詫びと訂正です。

3面 今期参加研修(記載研修他) と記載していますが

正しくは、今期参加研修 です。

6面 *編集後記*で、句読点の位置が左より・棒線(スタート・メンバー)が

横向きになっています。

読み難い所がありますので、申し訳ございません。