氷川学園 スタッフブログ

忘れてはいけないこと

先日、風楽の子どもたちと夕食会、町のファミレスに!

初めてのファミレス体験の子も。

何にしても、家族じゃないメンバーとの夕食を外でとる、不安もあるけど、楽しくって笑いもジョークも止まらない、テンションも上がってく!

でも、頑張りました!

多くのお客さんがいるなかでの過ごし方、自分で考えること、決めるということ、決めたことを極力やり遂げるということ、色んなルール、事前の学習、支援者も一生懸命、何とかみんなが成功体験で終わってもらいたい!

でも、ほぼほぼおばぁちゃんの位置付けのBONES(*^^*)からは、楽しくって仕方ない子どもの姿が、ただただ愛しくて、この子たち、みーんなが素敵な大人になっていくのを見ていくのは、何て楽しい役割だろう、って。この日のこの子どもたちの笑い顔も泣き顔も、決して忘れないなぁと、一番楽しかったのは私ですね。

今夜は、入所とグループホームの人たちに限っての納涼祭、猛暑のために縮小して開催ですが、こちらは、83歳までの人たち、多くの人が様々な疾病を抱えて、体調だけは崩れないよう、崩さないよう、楽しい時間になることを願います。みんなにとって忘れられない時間になりますように。

 

今日は、長崎に原爆が投下された日です。

忘れてはいけないこと、他人事にしてはいけないことが、この世の中には沢山有りますが、今日という日も、その最たるものです。

黙祷。