氷川学園 スタッフブログ

タイムカプセル2.

15年の時を経て開けられたタイムカプセル。

思うこと、続き、

前回あげてる写真、新聞記事、

北の核兵器凍結、拉致問題協議、…15年経ち、どうなのか?

家族の思いは、当事者ではない私たちの思いを遥かに越える、想像を越えるものだろうと、身につまされる。

私たちの書いた15年後の自分への手紙。

mee自身の手紙は、それは能天気なもので、とても皆さんに披露は出来ないが、

全ての手紙が、15年後自分が生きて在ることを、寸分も疑ってない。それは、何と幸せなことだろう。これから先の未来に生きて在ることを前提に様々な願いをかけられる。幸せは、その時点で自分の手の中にある。

しかし、歳月は確実に止まることなく流れて、人を物事を変えていく。変わるのだ。

なのに、新聞記事の一面を飾る大事は、15年経ち変わったのか、動いたのか?

先日、「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」を観た。たくさんのことを思い考えた。

鹿野さんの生きた日から、医療は福祉は地域は、人は、変わっただろうか?

タイムカプセルを埋めた15年後の2019.1.私は「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」を観た。

15年後の私は、何を観て何を思うだろう。