氷川学園 スタッフブログ

   薄曇り・・・本日の氷川の桜。

「桜切るバカ・梅切らぬバカ」という言葉がありますが、氷川の玄関先を飾っていた桜の樹を、昨年秋に、思い切った伐採をしました。植木屋さんからのアドバイスで、樹齢40年になり、広がるだけ広がった桜の樹は、あちこちから痛みが出てきていて、途中から大きな枝が折れてきても不思議ではない、要するに危険だということで、思い切っての伐採になりました。

で、残った樹・枝から、咲いてはいるのですが・・・例年のような咲き誇る姿には程遠いです。やっぱり、長年目にしてきた光景だったので、寂しさはぬぐえません。でも、逞しく残った樹・枝から、また5年、10年と、咲き誇っていくことは間違いありません。少しすっきりとした眺めではありますが、これはこれでを楽しみたいと思います。

で、「梅切らぬバカ」というタイトルの映画が評判を呼んでいるのをご存じの方も多いかと。自閉症スペクトラムの息子と母親が地域の中で生きていく姿を描いたものです。母親役を加賀まり子さんが、息子さん役をお笑いの塚地さんが演じてらっしゃるのも話題になってます。役が決まった後に、実は加賀さんにも自閉症スペクトラムの息子さんがいらっしゃることもわかっています。最初は限られた少数での上映が、評判を呼んで全国に広まり上映期間も伸びたとのことですが、なかなかコロナ禍もあって観に行くことは出来ていません。

で、前宣伝です!当法人「熊本県南部発達障がい者支援センターわるつ」が県内3センター合同研修にて、次年度の計画ですが、この映画「梅切らぬバカ」の上映をする予定です。夏頃になるかと思いますが、八代で上映予定です。それまで待てる方、是非、ご来場ください。

桜の花に加え、ユニットのベランダには、プランターにみんなで植えたチューリップも咲いています。ユニットに行くなり、みんなが声を揃えて「チューリップが咲いたばい!桜も綺麗かばい!」と、興奮気味に伝えてくれます。春になり、花が咲く、自然の営みに、心が躍りますね。みんなの躍る心が嬉しいmee(*^_^*)です。

お誕生会

  昨日、3月のお誕生会でした。

呼ばれて気付いたのですが、mee(*^_^*)もお誕生者でした。入所部利用者様で一人の誕生者Nさんと二人、みんなにお祝いして頂きました。

ありがとう!!幾つになっても!めでたい?のかなぁ???(^^;)

誕生者のケーキは、土台はフォンダンショコラ。チョコレート味のケーキに苺のトッピング。味は抜群に美味しかったです😋😋

 それから、今日の事・・・午前中、町役場での会議を終えて帰ると、もみじユニットから「来て」とのこと。

 何事かと、行ってみると、みんなで作ったと、たんぽぽのお花のメッセージをお誕生日のお祝いに頂きました。

ありがたいことです。幸せなことですね。

みんなの気持ちに感謝一杯のmee(*^_^*)です。

ひな祭り

本日は3月3日 ひな祭り

氷川のお雛飾りも賑やかです。

当然、お昼は「ちらし寿司」

おやつは「桜餅」

季節の決まり事をいつものようにしつらえて楽しめて・・・幸せなことです。氷川の中の、ささやかで、尊い、幸せな出来事です。当たり前のことではありません。

世界では、信じられない軍事侵攻により、当たり前の日常が一変してしまい、戦火に逃げ惑う人たちがいるのです。障がいの有る人や病を抱える人たち、小さな子供や年老いた人たち、いつの時も弱者が一番に犠牲になります。どうやって過ごされているのか?映像を見る度に心が痛みます。戦争を望んでいる人はいないはず・・・いっときも早い停戦を望みます。

誕生会

   本日2月のお誕生日会

2月は、利用者さん12名とスタッフが2名と、大勢の仲間が生まれてくれた月です。沢山のおめでとうが行き交いました。

お誕生日会には、所用で参加出来なかったmee(*^_^*)でしたが、きっと賑やかだったことと思います。

お昼のメニューは、誕生者の人たちの意見を取り入れて、サンドイッチ・ハンバーグ・コンソメスープ・ミモザサラダ・・・と豪華版! 量も沢山でお腹いっぱい。寒さの中でも、美味しく食べれることは何より幸せですね。

梅の花

    学園入口の梅の花が満開です。

厳しい寒さが続く中にも、春が近づいていることも確かなことだと、少しばかりホッとします。

寒さとコロナの感染拡大の中にあって、氷川のみんなを始め、清流会の仲間たち、何とか感染者もなく過ごせています。ただ、かなり身近なところまで「濃厚接触者」という言葉が迫って来ていて、その度に、スタッフ関係であれば、いったん休んでいただいて検査結果を待つなどの回避対応を取ったり、利用児者関連であれば、利用休止をされたりと・・・結果を冷や冷やしながら待つ日が続いています。

何処も同じ様な状況で、奮闘されていることと思います。

あと、どれ位?頑張り続けなければいけないのでしょうか?ね・・・。

お正月を家族のもとで過ごせた人が、また帰省が中止となり、その理解が難しく、帰れたことの記憶がフラッシュバックしてきて、少し不穏になられている様子もみられます。辛いことです。理屈が伝わらないことの難しさ、もどかしさを痛感しますね。こんな時に、家族になれないことを再認識します。なれないけれど、近づく努力を・・・向き合うことを、し続けるしかないのです・・・ね。

季節は必ず巡り、厳しい寒さにある冬も、やがて春へと移り変わります。信じて待つ・・・支援の姿勢と一緒ですね。

にしても、寒さが身に染みるmee(*^_^*)です。

☃あゆみ冬の号(第131号)が出来ました⛄

あゆみ冬の号が完成致しました!!

40周年記念の3面には 支援員の窓<氷川学園全員集合>として、

~四字熟語 抱負~

を載せています。

又、4面・5面では園内における行事(クリスマス忘年会・お正月etc)から、

利用者さん達の笑顔をお届け🎁します。

こちらも、ご一読頂ければと思います。

新型コロナウイルス第6波の最中でございますが、

皆様方、御身体ご自愛ください。

 

氷川学園四季便り第131号 冬の号 2022年 1月発行

大寒

 1月20日 本日「大寒」です。

さて、何でしょう?

  枯れ葉に火が起こりまして・・・ひといき・・・

 

 中から出てきたのは、もうお解り?かな・・・アルミホイルに包まれた

 

 そうです!! 更に包まれた新聞紙を開けて・・・

見るからに美味しそうな「焼き芋」の出来上がり!!😋

 アツアツをほおばって、温かくて甘くて美味しくて、大満足!!

大寒の日に相応しい遊び方でした。

もみじユニットのメンバーのお正月遊び(カルタ取り・凧あげ)の一環に混ぜてもらって、楽しんだmee(*^_^*)でした。

余談ですが、本日は初代施設長・哲さんのお誕生日でした。

あと、くれぐれも火の用心を! 火事のニュースが後を絶たないので、充分気を付けていきましょう。

新年明けましておめでとうございます。



2022年 令和4年 寅年明けましておめでとうございます。

もみじユニットで制作されたお正月飾り。寅の絵はちぎり絵です。「金で貼ってみた!」と、Oさん得意満面です!!!(^^)! キラキラですね。白い毛は綿を貼ってあって、実際見ると、立体的な仕上がりになっています。2022の数字も寅年の文字も、パステルカラーで優しい仕上がりになっています。お正月にみんなで作ったということです。

暮れまでの感染状況の収まり具合から、お正月をご家族と過ごせた人もいました。久しぶりの帰省が実現し、楽しい時間を過ごしてこられて何よりだったと嬉しく思います。残念ながら、学園やグループホームでのお正月になった人たちも、スタッフの工夫や配慮のお陰で、楽しい休暇を過ごせたようです。一番良かったのは、今日まで体調不良の人も出ず、皆が元気でいてくれることです。有難いことです。

が、心配・予測された通りに、年明け1週間を待たず、感染状況は急激な拡大を見せ、またオミクロン株への変異も進んでいます。緩和し再開していた帰省・外出の実施も、本日ご家族へ中止のお手紙を出すことになりました。県内の状況も急拡大しています。まだまだ、対策を緩めるわけにはいかないようです。寒さも一段と厳しくなっている中、換気などの対応も難しくなりますが、出来ることを出来るだけ細目にやっていくしかないですね。第3回目のワクチン接種の準備も進んでいるようです。

何とか、この第6波をみんなで乗り切り、収束へと向かうことを願います。そして、みんなにとって、皆さんにとって、どうか幸多き一年になりますよう、心からお祈り申し上げます。

今年も氷川ファミリーを何卒よろしくお願い申し上げます。   mee(*^_^*)でした。

整いました!

    12月28日 2021年・令和3年、仕事納め(一応)。新年を迎える支度が整いました!

事業部長手作りの門松がお洒落に出来上がりました。これで、2022年・令和4年が心新たに迎えられます。

振り返れば、やはりコロナに振り回された感が否めない1年でしたが、そんな中でも、利用者さんたちが少しでも笑顔で過ごせる時間をと、色んな工夫・配慮を随所に、また季節の行事ごとに、心を凝らして努めていただいた1年でもあったかと、利用者さんの存在と支援員の皆さんの努力とに、心から感謝で一杯のmee(*^_^*)です。

現段階での感染状況・リスクレベルに応じて、お正月をご自宅で過ごすことが叶う人もいます。園に残る人もGHで過ごす人も、全ての人たちにとって、楽しい年末年始・お正月になることを切に願います。

そして、一年間、このブログを観て下さった皆様にとっても、来る年が幸多きもので有ることを心より祈ります。佳いお年をお迎えください。

一年間、ありがとうございました。

カテゴリー

アーカイブ

ページの先頭に戻る